歯科医院

歯科医院も雰囲気が大事!

funiki

雰囲気重視の川口の歯医者

歯医者としての品質、商売としての安心、そして、患者様の痛いや変わりたいという気持ちに真摯に向き合う川口の歯医者です。

http://www.aquadc8040.com/

接客や内観、外観などの雰囲気(つまり形)にも十分に気を付けている川口の歯医者です

私が「歯根嚢胞(しこんのうほう)」という病気を発症したときのことです。この厄介な病気の治療方法は「根管治療」と呼ばれるもので、嚢胞のある歯に二か所ほど穴を開けて、そこから根っこの感染部分を洗浄・消毒などを行い、よくなったら薬剤を詰めて被せ物をすることで元の歯の機能を回復させるというものです。

治療に通いだしたある日、普段にも増して治療中の歯の痛みが強く、歯科医は不服そうに痛む部分に何度も麻酔を注射しては力づくで穴を開けようとしました。すると何度目かの注射の後、私は突然過呼吸に陥り救急車で搬送される事態になったのです。幸い大事には至りませんでしたが、私は大変動揺していました。翌朝、件の歯科医が謝罪に病院を訪れ、彼の出身であろう大学の付属病院の、同治療の権威である教授を紹介され、続きの治療を受けることとなりました。その教授の治療は、これまでと同様の治療にも関わらず全く苦痛もなく数回の通院で無事終了したのです。

当初の歯科医院は、普段から歯科医と他スタッフとの間に険悪なムードが漂っていました。患者が気を使わされる空気なのです。歯科医院に限りませんが、診察室での空気は治療技術や手法等にも影響を及ぼすと思えてなりません。少しでも嫌な空気を感じたら、早めに別の医院に変更すべきだと思います。