無添加化粧品

無添加化粧品の話

feature

これは私自身の体験談なのですが、私の「肌荒れしたので無添加化粧品へ変えた経験」をお伝えしますね。

20代は全く気にならなかったのですが、30歳を過ぎてから肌荒れするようになり、食生活など見直しをしましたがナカナカ改善されず、皮膚科へ行くことになりました。皮膚科では女医さんだったので肌荒れについて相談しやすかったし、残業が続いていたので仕事のストレスが多々あるなど説明を受けました。

化粧品は以前と変えず継続して使用していたので、まずは無添加化粧品へ変えた方が良いとアドバイスを受け、全て化粧品を変えることにしました。無添加化粧品は無香料、無鉱物油、無着色でとても肌に良いので安心して使用できます。

お肌への浸透もとても良いので気に入ってますね。無添加化粧品はネットでも簡単に注文できるので便利ですし、ポイント加算されるし、上手に購入ができています。このように、若いころは気にならなくても、ある線を越えると、気になることってあります。べジコスメとの出会いを思い返すうちに、そんなことを考えるようになっていました。

若い事との違いを受け入れ、自分の肌の状態を見極め、自分の肌にあった化粧品を見つけるというのは、食生活に通じるところがあると思います。以上、長くなりましたが、後続の方に私の体験が役立てばと思い、恥ずかしながら、お伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。